トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

友よ助けてくれ!

Last-modified: 2015-04-08 (水) 20:29:28 (1109d)
Top / 友よ助けてくれ!

Mes amis au secours !

1954年2月1日 ラジオ・リュクセンブール

友よ、助けてくれ!ひとりの女性がセバストポール通りの歩道の上で、今朝3時に亡くなった。彼女の手にはアパートの退去を命じる文面の文書を握り締めていた。
毎晩寒さに縮こまりながら、屋根もなく、パンもなく、ろくに着るものもない人々が2千人以上いる。このような状態のなかで、緊急避難住宅は、もはや緊急どころか絶対条件だ。
聞いてくれ!3時間のうちにふたつの最初の「救援センター」ができあがる。ひとつはパンテオンの下手、モンターニュ・サント・ジェヌヴィエーヴ通りのテントに、もうひとつはクルブヴォアに。すでにそれらは人であふれかえっている。ゆえに、あちこちにセンターを作らなければならない。
今晩にでもフランスのすべての町で、パリのすべての地域で、真夜中でも明かりがともっている扉が見つけられなければならない。そこには毛布があり、藁が積んであり、そして暖かいスープがある。扉に掛けてある札には「友愛救援センター」と書かれており、その下には、「苦しめる君よ、汝が何人であろうとも、入って眠り、食べて、そして希望を取り戻しなさい。ここでは君は愛されているのだ!」と書かれている。
この1ヶ月間は非常に厳しい寒さになるという予報が出ている。冬が続く限り、これらの救出センターは必要なのだ!私たちの兄弟が貧困の不幸によって死んでいくのを目の当たりにするなかで、私たちが考えられる事はひとつしかないはずだ。すなわち、この事態を続かせないようにする意思だ。
お願いだ!一刻も早くそのために行動を起こそうではないか。多くの苦しみが私たちに気付かせてくれるもの、それは「フランス全土が共有する魂」だ。
みんなのひとりひとりが家なき人々を助けることができるのだ。遅くとも明日までに5000の毛布と300の大きなアメリカ式テント、それから200のストーブが必要だ。それらをできるだけ早く、ラ・ボエシー通り92番地にあるホテル・ロシェステに持ってきて欲しい。そして今晩23時、それらを運ぶためのボランティアとトラックが、モンターニュ・サント・ジュヌヴィエーヴ通りにあるテントの前で待っている。
みんなのおかげで、今晩ひとりの人も、ひとりの子供も、アスファルトの上やパリの河岸で眠ることはないだろう。ありがとう!

1er février 1954 Radio-Luxembourg

Mes amis, au secours! Une femme vient de mourir gelée, cette nuit à trios heures, sur le trottoir du boulevard Sébastopol, serrant sur elle le papier par lequel on l’avait expulse.
Chaque nuit, ils sont plus de deux mille, recroquevillés sous le gel, sans toit, sans pain, plus d’un Presque nu.Devant tant d’horreur, les cites d’urgence, ce n’est même plus assez urgent.
Ecoutez-moi! En trios heures, deux premiers centre de dépannage viennent de se créer; l’un sous la tente, au pied du Panthéon, rue de la Montagne-Sainte-Geneviève, l’autre à Coubevoie. Ils regorgent déjà. Il faut en ouvrir partout. Il faut que ce soir même, dans toute les villes de France, dans chaque quartier de Paris, des pancartes s’accrochent sous une lumière, dans la nuit, à la porte de lieux où il y ait couvertures, paille, soupe et où l’on lise sous le titre <<Centre franternel de dépannage>>, ces simple mots: <<Toi qui soffres, qui que tu sois, entre, dors, mange, rerends espoir, ici, on t’aime!>>
La méteo annonce un mois de gelée terrible. Tant que dure l’hiver, que ces centres subsistent! Devant leurs frères mourant de misère, une seule opinion doit exister entre les homes: la volonté de render impossible que cela dure. Je vous en prie! Aimons-nous assez tout de suite pour faire cela.
Que tant de douleur nous ait rendu cette chose mervelleuse: l’âime commune de la France. Chacun de nous peut venire en aide aux <<sans-abri>>, il nous faut au plus tard pour demain: 5000 couvertures, 300 grandes tentes américaines, 200 poêles catalytiques.
Déposez-les vite à l’hôtel Rochester, 92, rue de la Boétie. Rendez-vous des volontaires et des camions pour le ramassage ce soir à 23 heures, devant la tente de la Montagne-Sainte-Geneviève.
Grâce à vous, aucun homme, aucun gosse ne couchera ce soir sur l’asphalte ou sur les quais de Paris. Merci!