トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

古紙買取り支援 の変更点

Top / 古紙買取り支援

*** この活動は1996年、バブル崩壊後に急増する野宿者と低落する古紙相場を背景に、近隣で野宿を余儀なくされている方々の生活を支援する目的で始められました。1999年より釜ヶ崎キリスト教協友会の支援を受け、暁光会大阪支部と協友会の共同事業として現在も続けられています。 [#c33713f5]
 この活動が開始された頃の新聞の買い取り価格は、kgあたり3円まで値下がりしていました。100kg集めても300円にしかなりません。そこで暁光会では近隣野宿者の生活の足しにと、新聞をkgあたり7円で買い取る支援事業を始めました。その差額は暁光会の収益と釜ヶ先キリスト教協友会の事業支援金で賄われています。
 この活動が開始された頃の新聞の買い取り価格は、kgあたり3円まで値下がりしていました。100kg集めても300円にしかなりません。そこで暁光会では近隣野宿者の生活の足しにと、新聞をkgあたり7円で買い取る支援事業を始めました。その差額は暁光会の収益と釜ヶ崎キリスト教協友会の事業支援金で賄われています。
**2004年度 [#a8b6dbfc]
 2002年中頃からの中国の需要による市場古紙価格の上昇を背景に、近隣野宿者から持ち込まれる新聞など古紙の量は減少して行きました。長く3円まで市場単価が下がり、回収しても見合う収益が得られず放置していた新聞等回収業者が、一時は6円まで上昇した新聞等の古紙を積極的に回収に乗り出した影響だと思われます。この傾向は2003年度で顕著になり、月当たり30tあった持ち込まれる古紙の量は20t以下となりました。~
 2005年4月現在、新聞の市場単価は5円50銭です。持ち込み量の減少した為、当会では2005年度より買取単価を8円に上げました。これにより若干の利用人数の伸びを見せています。~
|2004年度|COLOR(ORANGE):CENTER:4月|COLOR(ORANGE):CENTER:5月|COLOR(ORANGE):CENTER:6月|COLOR(ORANGE):CENTER:7月|COLOR(ORANGE):CENTER:8月|COLOR(ORANGE):CENTER:9月|COLOR(ORANGE):CENTER:10月|COLOR(ORANGE):CENTER:11月|COLOR(ORANGE):CENTER:12月|COLOR(ORANGE):CENTER:1月|COLOR(ORANGE):CENTER:2月|COLOR(ORANGE):CENTER:3月|COLOR(ORANGE):CENTER:合計|
|買取重量(kg)|19912|19954|21226|19474|16809|15899|19360|17790|18522|11869|11941|11313|204069|
|市場単価(円)|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5|5.5||
|買取単価(円)|7|7|7|7|7|7|7|7|7|7|7|7||
|買取額(円)|139384|139718|148762|136360|117663|111293|135599|124530|129472|83083|83587|79191|1428642|
|利用者数(人)|89|84|94|91|82|84|85|82|84|65|58|57|955|
|平均収入(円)|1566|1663|1581|1498|1435|1325|1594|1519|1544|1278|1441|1389|1486|